農業にもいくつか種類が!したい事に合わせてまずは選ぼう

「農業」というとどんなイメージを持つでしょうか。多くの人は作物などを育てる農家を思い浮かべるのではないでしょうか。確かに作物を育てる農科はイメージしやすいと思いますが、農業にはいくつか種類があります。これから農業を始めるならば、どんなことをしたいのかまず決める必要があります。

具体的にどんな農業があるのかというとまずはイメージしやすい作物を育てる農家です。この農家の中にも種類があってトマトとかきゅうり、キャベツなど野菜類を育てる「野菜農家」や、いちごやりんご、みかんなどを育てる「果物農家」もあります。

バラとか菊、ツバキやもみじなど花木を育てる「花木農家」というのもあります。「畑で何かを育てたい!」という人はまずは野菜を育てるのか、果物を育てるのか、花木を育てるのか選びましょう。

また農業には作物を育てるだけではなく、生き物を育てる「畜産」という種類もあります。わかりやすく言うなら牛とか豚や鶏を育てて、お肉や乳、卵などを生産するというとイメージしやすいのではないでしょうか。

変わった畜産農家としては、馬とか羊、イノシシなどの変わった畜産もあるようです。どんな生き物を育てるのかによって畜産も細かく分かれるので、畜産を始める場合も何を育てるのか明確にしておく必要があります。

農業は細かく分けてしまうと沢山種類がありますが、大きく分けると「作物を育てる農家」と「生き物を育てる農家」の2種類となります。どちらかというと作物を育てる方がイメージしやすいかもしれませんが、どちらも立派な農業と言えます。

これから農業を始めたいという人に向いているのは、作物を育てる農家になります。理由としてはこちらの方が費用も少なくて済むし、比較的すぐに始めることもできるからです。

牛など生き物が好きな人でどうしても畜産をしたい!という人もいると思いますが、これから農業を始めるのであれば、まずは畑で何か作物を育ててみてはどうでしょうか。

農業は簡単にできるというイメージを持つ人もいるかもしれませんが、肉体労働が多いため結構きついです。これから農業を始める方で「農業は簡単だ!」と思っている人は始める前に考えを変える必要があります。最近は機械で作業もできますが、機械を使うなら自分で「機械を用意」する必要があるので費用も高くなってしまいます。

これから農業を始める人はそれなりに大変な作業になるということを忘れてはいけません。腰を痛めてしまうことも考えられるので、注意しましょう。

農業をする場合は、「趣味」として始めるのか「本格的に」始めるのか決める必要もあります。趣味として始める方は、本業と兼業で農業をするという人も多いです。こちらの2つも「専業農家」と「兼業農家」という2種類の農業の1種類です。

本業として農業を始めたいという人はよく計画を練ってから始めないと、生計が立てられないということになりかねないので注意しましょう。最近は農業をしている人も少ないので、少しでも興味を持ったのであれば趣味でも良いので始めて見てはどうでしょうか。