これから農業を始めるなら支援も受けられる!まずは相談してみよう

昨今、日本では農業をしている人が少なくなってきているといわれています。特に若者で農業をしている人が少なく、農業も高齢化が進んでいます。理由としましては、後継者がいないとかなかなかもうからないことが農業をする若者が少なくなってしまう原因とも言えます。

そのため、最近は若い人にも農業をしてもらうために、支援を受けられるようになっています。充実した支援を受けられるので、これから農業を始める人は逆にチャンスとも言えます。失敗してしまうリスクもありますが、本業として農業を始めたい方は支援を受けて始めてはどうでしょうか。

具体的にはどんな支援を受けることができるのか、知っておいて損はありません。例えば農業をするにも知識が必要になってきますが、これを学ぶための研修期間中に最長2年間は給付金が出ます。年間で150万円の給付金がでるのでお金がないという方も知識を得る機会を得られます。

他にも知識を得てから実際に農業を始めた場合の支援もあり、就農後の給付金もあるため、所得を確保することができます。農業を始めたばかりだとなかなか稼ぐことが難しいといわれていますので、この給付金は貴重なお金といえます。

この給付金は農業を始めてから5年以内なら受けることができます。金額は最大で150万円となっていて、給付の金額は前年度の所得によって決まるようになっています。

農業というと土を耕したり、作物を収穫したりする時に機械を利用すると効率的になります。この機械を購入するにもそれなりの資金が必要でなかなか変えないということが考えられます。新しく農業を始める人は農業に必要な機械を購入するための資金を無利子で貸付してくれる支援を受けることもできます。

ただ、支援があり無利子といっても融資には変わり有りません。返済計画はきっちり考えて置く必要があります。無理のない範囲で必要な農業機械を購入するようにしましょう。

農業は肉体労働というイメージがあると思いますが、実際に本業とする場合は肉体労働だけではありません。例えば経営の知識もいるし、収支の計算もしなくてはいけません。

そういった知識も支援を受けて学ぶことができるため、学んでおいた方が精密な農業計画を立てることができます。自分ひとりだけで農業を始める場合は、なかなか知識を得る機会がありません。

農業を始めるのであれば、支援を受けて農業の知識も学んでおいた実際に農業を始めた時に、まずは何をしたらいいのだろう?と悩む心配がありません。若者の農業支援は農林水産省で受けることもできますので、安心して学ぶことができます。

また研修しておけば人脈つくりもできるため、農業をうまくやっていくためにも受けておいた方が良いといえます。農業は交流することも大切なので、研修を受ける場合は購入も大切にしましょう。

このように今、農業を始めれば豊富な支援を受けることができます。農業を本業としたい方は一度農林水産省の支援を受けるのか、検討してみてください。