野菜の種まきをする時は時期に注意!上手に育てたいなら適期に

農業で作物を育てる場合は、その作物によって種や苗を植える時期が決まっていることがあります。畑をしたことがないという人は、作物はいつ植えてもいいのではないか?と思っている人もいると思うので、そういった人は注意しましょう。適期に植えるようにしないと、うまく育たないことがありますので、必ず適期に植えるようにしましょう。

また中には一年中いつでもOKといった物のあって、そういった作物はいつ植えても問題ありません。すべての作物の適期を知るというのはなかなか大変なので、初心者の方は育てるのが簡単な作物の適期をまずは知りましょう。

例えば果菜類で育てやすいミニトマトやトウモロコシ、ミニトマトの適期は3月から5月までが適切な時期です。トウモロコシは適期が長く4月ごろから8月までに植えておけば問題ありません。

他にも果菜類は多くありますが、果菜類の場合は3月前後からから5月前後が適期になっている場合が多いです。すべての野菜の適期を知るのは大変ですが、初心者が育てやすい野菜の他にも大きな分類でまとめて覚えておくのも良いでしょう。今回の場合なら果菜類は3月前後から5月前後が適期であることが多いと覚えておくとよいでしょう。

次に根菜類、ジャガイモとかニンジン、ダイコンなどが初心者の方でも育てやすい野菜です。ジャガイモの場合は2月から3月にかけて適期となります。他にも8月から9月も適期となりますので、こちらに植えても問題ないでしょう。

ニンジンは3月から4月、または7月から9月ごろまでが適期となります。ダイコンは適期が多く2月から4月、または8月から9月が適期になります。根菜類は2月とか3月といった寒い時期だけではなく8月とか9月にも植えることができます。

根菜類は例えば2月に植えるのを忘れてしまったといった場合でも少し時間を空けて8月など温かい時期に植えるといったことも可能です。

最後に葉菜類ですが、この種類の作物に一年中適期という訳ではありませんが、適期がとても長いです。例えばコマツナですが、これは2月から11月が適期になっていてわかる通りとても適期が長くなっています。

ほうれん草も適期が多く2月から5月または、8月から11月が適期となっていてコマツナほどではありませんがこちらも適期が長いです。どちらも適期が長いので、農業を始める時期に適期の野菜がないといった時にはコマツナとかほうれん草といった葉菜類を育ててみてはどうでしょうか。

ほうれん草やコマツナは初心者の方でも育てやすい作物なので、農業初心者の方にもオススメです。

作物などには植える適期がそれぞれありますが、もちろん少しだけ遅くなってしまっても問題ありません。多々その場合は、収穫の開始時期が遅くなってしまって収穫期間が短くなってしまうので注意が必要になります。

また作物の適期は地域とかその年の天候によっても左右されます。畑の場所がすでに決まっているならば、その土地でその作物の適期も調べておきましょう。