肥料とは

農業をしたことがない人でも肥料という言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。肥料というのは野菜など、作物を育てるために必要な栄養分のことです。成分のいくつか種類があって、育てる物によって必要になる肥料も変わってきます。野菜を育てる時にはどの作物にどの成分が必要なのか、という知識が必要になります。

肥料の成分として代表的な物は「窒素」「リン酸」「カリウム」という3つの成分があります。これに「カルシウム」と「マグネシウム」を加えて5大要素になります。他にも銅とか亜鉛といったものも肥料の成分となって17の必須元素と呼ばれるものもあります。

肥料を土に混ぜ込むことで肥料に含まれている成分が作物の成長を助けてくれます。良い作物を育てるには作物にあった肥料を用意して、たっぷり土に混ぜ込む必要があります。

窒素とかリン酸、カリウムといった成分は牛糞とか、乾燥鶏糞、腐葉土といった材料に含まれています。こういった肥料に必要な成分を含んでいる材料を混ぜることで肥料を作ることができます。

他にも落ち葉や枯草、わら、骨粉、油かす、魚かすなど材料になるものは多いです。肥料にもいくつか種類があって、含まれている成分によって決まります。例えば窒素、リン酸、カリウムの3要素の中のどれか一つだけを含んでいる肥料は「単肥」と呼ばれています。

上記の3要素の中の2種類が混ざったものは「配合肥料」、3種類の成分がバランスよく含まれている場合は「化成肥料」と呼ばれています。

肥料の材料になる油粕とか骨粉といったものが材料となった肥料は「有機肥料」と呼ばれることもあります。それぞれの成分の効果ですが、窒素は主に食物を大きく育ててくれる成分です。リン酸は開花や結実に必要になる成分、カリウムは根の発育に関係しています。

カルシウムは土壌の中の有益は菌を増やすことができ、マグネシウムは光合成の働きに関係している成分となります。農業をする場合は、まずは土づくりから始まるとも言います。

育てる作物を決めて、その作物に必要な成分を調べて、効果的な肥料を作りましょう。肥料はすぐに作れるという訳ではなく、時間が掛かるため作物を育てる少し前に前もって用意しておく必要があります。

夏の温かい時期なら2か~3か月、冬の寒い時期の場合は5か月~6か月の時間が必要になります。寒い時期に作る場合は時間が多く必要になるので、作物を作る時に肥料ができていないことがないように注意が必要です。

肥料がないとおいしい野菜を育てることができないため、おいしい野菜や作物を作るなら肥料つくりは必須です。初めて作る場合は、手順が分からなくて大変かもしれませんが、おいしい作物のために必ず用意しましょう。

自分で肥料を作るほか、市販のものを購入して肥料を用意することもできます。市販の物はどんな成分が含まれているのか大まかにわかるので、育てる作物に合わせて購入する肥料を選ぶようにしましょう。

1.地産地消 直売所・産直・通販サイト集
各種農産物の直売所、産地直送、通信販売などを紹介し、「地産地消」に力を入れています。

2.魚沼産厳選市場
日本一高級なお米として有名な「魚沼産コシヒカリ」を、生産している農家さんから直送、販売しております。

3.トマトハウスの野菜日記
東京都の杉並でトマト栽培をされている農家の方が、広い視点から農業について語っています。

4.日本伝統園芸協会
日本の伝統的な園芸文化を受け継ぎ、より良く発展させ普及させていくことを目指している協会様のサイトです。

5.久保田農園.com
茨城県行方市にある、イチゴの農家さんの紹介サイトです。市場出荷、通信販売、自宅販売の他、観光物産館でも販売しております。また、お米も栽培し、JAに出荷しています。

6.産直・取り寄せ-なんかん直送便
新潟県南蒲のれんこん、コシヒカリ、味噌、梅干、なめこなど、美味しい食材を通信販売しています。

7.山形県天童市 まるます伊藤果樹園
山形県天童市でさくらんぼ、りんご、すもも、西洋なしを栽培している果樹園さんです。全国に向けてインターネット販売も展開しています。

8.無農薬玄米のお店-こだわり玄米販売処 ライスショップハセガワ
農薬を使っていない玄米など、信念を持って作った農産物を販売している安全性重視のお店です。

9.ユーカリの薫るベランダで
種から輸入を行い、様々な種類のユーカリを育てている管理人さんのブログです。

10.素人さんの家庭菜園
平日は会社勤めをして、休日に家庭菜園をしている管理人さんの菜園ノウハウサイトです。