やはり気になる農業での収入!農家の仕事はどれくらい稼げる?

農業で気になるのは、農業の知識だけではなくやはり、「どれくらい稼ぐことができるのか」という点ではないでしょうか。趣味として農業を始める人も、どれくらい稼げるのか気になる人はいるはずです。

稼げる金額は当然ですが規模や室によって変わってきます。具体的にどれくらい稼げるのかというと、判断しづらいですが正確に知ることは難しいです。

農業をしている人の収入としては約150万円~300万円の場合が多いといわれています。多いのか少ないのか、人によって様々かと思いますが、普通のサラリーマンの平均年収は約400万円と言われているので、サラリーマンより収入が低い農家の方も多いといえます。

実際に農林水産業の統計データで農業をしている人の収入は300万円未満である農家は役40%を占めているそうです。農業はうまい事やらないと稼ぐことが難しいことがわかります。

成功している人の中にはもちろんもっとたくさん稼いでいる人もいます。例えば年収が500万円を超えている農家の方も役38%いるので、成功させればサラリーマンより稼ぐこともできます。成功させるためには時間も掛かりますし、農業は肉大労働なのでそこまで稼ぐようになるのはそう簡単なことではありません。

農業は環境にも左右されるので、天候が悪くてなかなか作物が育たない時期にはこれよりも少ない収入になってしまうこともあります。100万円以下の場合もあるので、参考程度に考えるようにしましょう。

成功させれば大きく稼ぐことができますが、成功させるために良い作物を育てることが農業は大変です。すぐに大きく稼ぐということは難しいので、いきなり大金を稼げると思わない方がよいでしょう。

平均的にみるとサラリーマンよりも年収は少ないですが、農業ならではのメリットもあるので悪い事ばかりではありません。例えば自分で育てた作物とか、交流がある農家の方と食材を譲り合うことも多々あるので、食材に困ることが少なくなります。

同時に食材を実際に購入する回数も減ることができると思うので、その分お金に余裕ができます。自給自足生活をして生活費を抑えることができるので、場合によってはサラリーマンよりも安定した生活ができることもあります。

農業を趣味の範囲で行う方は自分用や家族用のみ育てる方が多いと思います。そういった方は当然ですが収入にはつながりません。収入を得たいならば、それなりに広い畑で作物を育てる必要があります。

それには費用も掛かりますので、せめて農業に掛かった費用分は稼げるようによく計画をたててから農業を始めるようにしましょう。農業は全く稼げないということではありませんが、収入を得ることは大変です。

本業と兼業しているような方だとなかなか時間をとれない場合もあると思うので余計に収入が少なくなってしまいます。農業は簡単!と思っている方もいるかもしれませんが、稼ぐまでがとても大変ということは忘れてはいけません。大変ですがデメリットばかりではないので、自分の貯金に問題があるのであれば本格的に農業を始めてみるのも良いでしょう。