趣味としてもOK!家庭菜園は実践しやすく初心者にもオススメ

野菜や花を育てたいけど、そんなスペースがなく諦めてしまっている人はいないでしょうか。野菜を育てるなら畑は必要ですが、必須という訳ではありません。畑がなければ大量に育てることはできませんが、プランターを使えば畑を用意する必要もないし、自宅の庭が狭い方でも野菜や花を育てることができます。

ベランダとかにプランターをおいてもいいので、庭が狭い方でも実践することができます。これは「家庭菜園」と呼ばれて取り組みやすいです。そのため初心者の方にもオススメなので、これから野菜や花を育てたいなら家庭菜園から始めてみてはどうでしょうか。

家庭菜園に必要になるのは「プランター」と「土」「種または苗」です。他にもスコップなどがあればより効率的に作業を進めることができるので、用意しておくことをオススメします。

畑で野菜や花を育てる場合はまずは土づくりから始まりますが、家庭菜園も同様に土づくりをする必要があります。ですが、プランターに土を入れるだけですので、市販の土を購入しても問題ありません。

プランターを利用して破砕や花を育てるわけなので、当然プランターを用意する必要があります。「プランター」といってもたくさん種類があるので、プランター選びも重要になってきます。選び方としては「土がたくさん入るもの」「水はけが良いもの」を基準に選ぶとよいでしょう。

土がたくさん入るものの方が根を張らせて栄養分をたっぷり吸収させることができます。水はけが悪いと、せっかく植えても根腐りしてしまったり、刈れてしまったりする可能性が高まってしまいます。プランターを選ぶ時は土がたくさん入るもので、水はけがよいものを選択するようにしましょう。

プランター一つで野菜や花の育ち方にも影響するため、良いものを作りたいならばこだわってみるとよいでしょう。家庭菜園は庭にスペースがあるならプランターを使う必要はありません。

庭で土づくりをして、庭で育てても問題ないため、庭にスペースがある方はプランターを使わずに庭で家庭菜園を試してみるのも良いでしょう。こちらも畑を用意するより比較的手を出しやすいと思いますので、これから農業を始めたいという方にもオススメできます。

家庭菜園は通常、畑で育てる物ももちろん育てることができます。確かに畑に比べると「自宅の庭」の範囲内なのでスペースがあるといっても、大きさは限られてきます。

家庭菜園だと育てられない野菜や花もあるのではと思う人もいるかもしれませんが、特に問題はありません。確かに数は多く作れませんが、畑同様に様々な種類の野菜、花を育てることができるため、自分が育てたい作物を育てることも可能です。

農業を本業にしたいという方に家庭サインはオススメできませんが、これから始める初心者の方には取り組みやすくて気軽に農業を体験してみることができます。趣味として農業を始めたいという方は、プランターや庭の空きスペースでまずは野菜や花を育ててみてはどうでしょうか。