果物を育てる農家は大変?収穫までどれくらいかかるのか知ろう!

畑では果物を育てることもでき、それを専門にしている農家の方もいます。両方を育てるのもいいですが、これから農業を始める方は野菜を栽培するのか、果物を栽培するのか決めておきましょう。

農業をあくまで趣味の一つとするのであれば、野菜が好きな人は野菜、果物が好きな人な果物と好きなもので選ぶのもありです。ただ、果物を栽培する方は、野菜よりも栽培が大変になることが多いので、この点には注意しておきましょう。

果物は野菜よりも世話を大変で、時間が取れない方は失敗してしまったり良い果物ができなかったりするので、注意しましょう。また果物は種を植えてから収穫までに時間が掛かることも栽培が大変な点の一つです。

果物によって収穫までの時間は変わりますが、長いものだと5年から6年かけないと収穫できないものもあります。例えばリンゴは種から始めると5年から6年かけないと実ができないため、それまで地道に世話をする必要があります。

他にも果物としてはブドウとかモモ、ナシ、カキといったものがあります。これらも栽培することができますが、収穫まではリンゴ程ではありませんが時間が掛かります。

ブドウとモモの場合は2年から3年が必要になり、ナシは3年から4年、カキの場合はリンゴに次ぐ4年から6年時間をかけないと収穫することができません。年単位で時間が掛かるため、その間は何も収穫がないということになってしまいます。

農業を本業にするような方は、果物ができるまでは収入を得られないことになりますので、果物専門で栽培する場合は収入面にも注意しなくてはいけません。

ブドウとかモモ、ナシ、リンゴといったものは木に実がなる果樹類になります。果物の中にはブドウなどの果樹類の他にも気にならない果物もあります。イチゴとかスイカ、メロンといえばわかりやすいのではないでしょうか。

これらの果物は果樹のブドウなどに比べると収穫までの時期は短いです。苗から育てれば一年たたずに収穫することができるので、果樹類と一緒にイチゴとかスイカなどを一緒に育ててみるのもいいのではないでしょうか。

また、イチゴやスイカなども種から育てる場合は1年かかることもあります。時間を掛けずに収穫したいという場合は種からではなく、苗から育てれば時間を短縮することができます。

果物を育てる時の注意点ですが、育てている間に虫とか鳥に食べられないようにしないといけません。また果樹は収穫までに時間が掛かるので実がなるまで木が病気にならないように世話をしなくてはいけません。

野菜の栽培が大変ではないということではありませんが、果物の栽培も時間が掛かるし木の世話もあるためさらに大変になることが考えられます。果物を栽培する方は大変になることは承知しておきましょう。

果物の栽培はコツコツと世話をして、大事に育てていくことが重要です。大事に育てればおいしい果物を収穫することができると思うので、収穫まで大事に育ててあげましょう。