作物は野菜だけではない!畑で果物を育てることもできる

畑で栽培するイメージは「野菜」が強いと思いますが、野菜以外にも「果物」を畑で栽培することもできます。果物の名前が入った農園や農地の名前を聞いたことが聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。例えば「りんご農園」だとか「ミカン農家」など、畑では様々な種類の果物を栽培することができます。

畑で育てることができる果物として代表的な物だと「イチゴ」や「スイカ」「メロン」といったものがあります。一度は食べたことがある人がほとんどでしょう。イチゴやスイカ、メロンが好きな人は自分で育ててみるのも楽しめます。

いちごを育てたい方は9月の下旬あたりから10月の下旬くらいまでが時期になります。イチゴを育てたい方はその期間内に植えておく必要があります。収穫時期は5月の上旬から6月の中旬まで行うことができます。

またいちごを種から育てる場合は、収穫までに1年以上時間が掛かるようです。時間をできるだけかけたくないという方はイチゴの苗から育ててみるとよいでしょう。

スイカの場合は5月が時期になるので、育てたいなら時期が過ぎてしまわないように注意しましょう。収穫の時期は7月中旬から8月下旬に収穫することができるので、育てる方は忘れずに収穫しましょう。

メロンは4月から5月の下旬が時期になっているようなので、メロンを育てたい方はこの期間内に植えてしまいましょう。

野菜と同様に果物にも時期がありますので、時期が過ぎてしまわないうちに種または苗を植えるようにしましょう。イチゴやスイカ、メロンといった果物は畑でなくても栽培することができるので、畑を持っていない方でも育てられます。

どうやって栽培するのか?というと、この3種類はプランターで育てることができるため、プランターを用意しておく場所を確保できれば自宅で栽培することもできてしまいます。

プランターを選ぶ時は土が大量に入るもので、水はけがよいものを選択すると、良い作物ができやすいです。良いプランターを用意して、おいしい果物を栽培しましょう。

畑はいらないけどイチゴとかメロン、スイカが好きで栽培したいという方はプランターを利用して育ててみてはどうでしょうか。育てる場合はプランターの大きさに注意しましょう。イチゴとメロンではわかると思いますが大きさが違いますので、育てる場合はそこそこ大きさがあるプランターを用意する必要があります。

こういったプランターを使った家庭菜園は畑を持っていなくても、野菜や果物を栽培することができるため、初心者の方でも挑戦しやすいです。簡単に農業を体験することができるので、趣味として農業をする時にオススメです。

何か好きな野菜や果物があり、自分で育ててみたいというものがあるならば、自分で育ててしまえば購入しなくても食べることができます。野菜に比べると、果物の栽培は難しいといわれているため、果物を育てる場合は、その育て方を調べてから挑戦しないと失敗してしまうこともあります。