家庭菜園で何を育てる?初心者でも育てやすいものを選ぼう

自宅の庭やプランターを使って家庭菜園をするなら、何を植えるのかまずは決めましょう。野菜を育てる場合はそれぞれ手順が異なるため、どのように栽培するのか事前に調べておきましょう。また始めて栽培する方は、育て方が難しい野菜ではなく、できるだけ簡単に栽培することができる物を選びましょう。

家庭菜園で野菜を育てる時に一番のオススメはミニトマトです。場合によっては温床を準備しなくてはいけませんが、簡単に育てることができます。多少お世話をさぼってしまっても育ってくれるため、あまり時間がない方とか試しに家庭菜園をやってみる場合にもオススメの野菜です。

ミニトマトを育てる場合の植え付けは4月から6月の間にする必要があります。時期ではないと簡単に育てられるといってもよく育ちません。その野菜に合わせて適切な時期がありますので、初心者の方は時期にも注意しましょう。ミニトマトの収穫は5月から9月に可能になるので、始めて育てる方は収穫を忘れずに行いましょう。

初心者にオススメの野菜は当然他にもあります。例えばキュウリも初心者の方にオススメできます。植える場合は4月から7月の間に植える必要があります。キュウリは育つのも早く約40日程の短期間で収穫することができます。

比較的早く収穫することができるので、短期間で収穫を体験することができます。すぐに達成感を得たいという初心者の方にオススメな野菜です。ジャガイモとかとかダイコンといった野菜も初心者の方にオススメできます。

他にも初心者にオススメの野菜は沢山ありますが、まずは上記で紹介した野菜でまずは農業を体験してみてはどうでしょうか。もちろん他の野菜を育ててみたいという方は、そちらを優先しても問題ありません。

ただ、野菜の中には栽培が難しいものがありますので、自分が育てたいものの育て方を事前に調べてから行うようにしないと、失敗してしまう可能性もあります。

家庭菜園なおかつプランターで野菜を育てるというと、野菜が限られてくると考えている人もいるのではないでしょうか。例えばキャベツとか白菜といった大きさのあるものは作れないと思う人もいるはずです。

大きさのあるものも問題なくプランターで栽培することができます。キャベツや白菜は割と栽培の難易度が高いので、育てるならばまずは初心者でも育てやすい野菜で家庭菜園に慣れたら挑戦してみるとよいでしょう。

注意点ですが、プランターで育てる場合は野菜によってプランターを変えなければいけないこともあります。例えばキャベツとか白菜は大きいプランターを使う必要があるので、持っていない場合は用意する必要があります。

初心者でも育てやすい野菜を家庭菜園で育てていても、失敗してしまうこともあります。初めて農業をするならなおさら失敗してしまう可能性が高いです。家庭菜園は割と気軽に試せるため、すぐに諦めてしまわずに、育て方を調べて何度か挑戦してみましょう。失敗してしまったら、どうして枯れてしまったのか調べおきましょう。