農業は仕事の一つになる!農家の人はこんな作業をしている

農業は趣味の一つとして考えている人もいるかもしれませんが、農業を職業にしている人もいます。これから農業を始める方は、趣味で始めるという人が多いかもしれませんが、職業としての農業についても知っておきましょう。職業としての農業ではどんなことをするのか、イメージできないと思うので紹介していきます。

農業はすることがたくさんあります。例えば野菜など作物を育てている農家の人の場合は、作物の世話は当然のこと土づくりも仕事の一つになります。育てる野菜によって育て方も違うので複数の作物を育てている場合は覚えることもたくさんあります。

また土づくりと聞くと簡単にすぐできると考える人もいるかもしれませんが、そんな簡単にできるわけではありません。材料を用意して、2か月~3か月時間をかける必要があります。この作業をしっかりしておかないと、良い作物を育てることができないので、農業の仕事としては土づくりがとても重要になります。

作物の種や苗を植えることや収穫することも仕事の一つになります。最近は機械があるので比較的作業を効率化することができますが、種や苗を植える作業や収穫をするのは大変な作業です。

作物を育てる農家の場合は天候を調べることも仕事の一つになります。災害があれば、それで作物がダメになってしまうこともあるので、災害時の対策をしなくてはいけません。災害でなくても雨が多量に降るなどといった悪天候時の対策もしておく必要があります。

作物がだめになると収入にも響いてくるので天候を調べることも農家の人の重要な仕事といっていいでしょう。一度実際に体験してみればわかると思いますが、農業は意外にやらなくてはいけないことが多いです。

そのための知識を得る必要もあるので、農業の知識を得る事も仕事に含まれます。例えば土づくりの知識であったり作物の育てかたの知識であったり、農業知識を得ることも仕事の一つです。

農業をする場合は、周りの農家の方と交流をすることも重要になってきます。農家をするなら農家の方と交流することも仕事の一つになるのでコミュニケーション力も必要になってきます。

農業の就労時間ですが、農家の朝はとても早いです。朝5時30分ごろから農業を始める人も多く、朝が苦手な方はつらいかもしれません。農家の方は朝から作業をして日が沈む夕方ごろに作業終了になる場合が多いです。育てている作物や時期によって様々なのでそれによって農業の就労時間も変わってきます。

また農業といえば作物を育てるだけではなく牛とか豚、鶏を育てる畜産もあります。畜産を主にしている人は生き物を世話することが仕事の一つとなります。畜産も作物を育てる農家と同様に生き物の世話一つだけでも沢山の仕事があります。

農業のことを知らない人の中には農業は簡単な仕事と考えている人もいるのではないでしょうか。本格的に始めるにしろ趣味にするにしろ、主に行う作業はほぼ同じですが、どちらにしろ農業は大変です。

農業は簡単だと思って農業を始めてしまうとすぐに挫折してしまう可能性もありますので、農業は大変な職業ということを覚えておきましょう。